HOME>注目記事>高齢者が増えると本格的に認知症に進む前が重要
女性

高齢者の増加によって注目されるように

高齢者の数が増えてくると、様々な問題が起こってきます。加齢による体の問題はもちろんですが、記憶という面でも問題が生じやすくなってくるのです。生活に支障が生じるほどになれば、介護が必要になりますし、家族や周辺の方に大きな負担をかけることになってしまいます。本人の暮らしにくさやいらだちなどにもつながっていく可能性もあるのです。本格的に認知症に進む前の軽度認知障害の状態であれば、進行を抑えることで自分らしい暮らしを継続していくことが可能になります。そのため、高齢者が増えてくることで軽度認知障害の状態で発見することが予防には重要で、注目されてきているのです。

自立した生活が維持しやすい

認知症になってしまうと、自立した生活をするという事は難しくなっていくでしょう。大幅に認知症が改善するということはほとんどなく、生き方に大きな制限が生まれてしまうことになります。しかし、軽度認知障害の時点で気が付くことが出来れば、それ以降の進行を緩やかにしていくという事は可能です。早めに気が付くことで、自分らしい自立した生活を維持し続けていくことが出来る可能性があるということがメリットと言えるでしょう。

これからの暮らしへの備えが可能

軽度認知障害だと診断されることで、今後の暮らしについて考えるきっかけを得られるというメリットがあります。衰えている部分を補うことが出来るような工夫をすることや、これから考えられる危険性に対して前もって対策をしておくということが出来ます。これまでのやり方を大きく変えることは認知症が進んでしまうと難しいですが、その前段階であれば可能なこともあります。状況を認識して、これからより良い暮らしをしていくために出来ることを考えてみましょう。

広告募集中