早めに専門クリニックを受診しましょう

男女

軽度認知障害は、軽い程度の認知障害はあるけれど、日常生活には支障をきたしていない状態です。洗濯や掃除、料理などの家事は出来ることが多く、認知症ではありません。軽度認知障害は日常生活は、普通に送ることが出来ますが、脳の認知のペーパーテストや、血流などを測定すると、認知機能の低下が認められる状態です。人の顔や名前を忘れてしまったり、前日の献立などを忘れてしまうこともあります。放置をしておくと、4年後以降に認知症やアルツハイマー型認知症を、発症する可能性があります。同居している家族に変化が見られる場合は、専門クリニックを受診させることが大事です。高齢になっても、自分の身の回りのことや、出来る家事はやらせたほうが良いでしょう。

プライバシーは厳守してくれます

室内

軽度認知障害は、日常生活は送ることが出来ますが、専門クリニックで検査を受けると、脳の認知機能がやや低下しています。脳の血流が悪くなると、物忘れなどが悪化することもあります。症状を悪化させないためには、朝型の規則正しい生活をしたり、地域の人や家族、友人と交流を持つことも大事です。専門クリニックでは、完全個室で診察や検査が受けられるので、プライバシーは厳守してくれます。本人が自覚していないこともあるため、なるべく家族が付き添ってあげることが大事です。家族から話を聞くことで、本人が気付いていない症状を知ることが出来ます。最新の医療機器を導入しており、専門的な知識を持った医師が担当してくれます。不安や悩みを相談しやすいです。

お洒落に関心が乏しくなることもあります

人形

60代、70代と年齢を重ねると、若い頃に比べると交友関係も減ってくるので、家に閉じこもりがちになることが多いです。人と交流する機会が少なくなると、脳の機能が低下する原因になります。軽度認知障害は、家事は普通にこなせることが多いため、出来る範囲の仕事をすることも大事です。若い頃はお洒落だった人が、化粧をしなくなったり、洗面や着替えなどに時間が掛かるようになったら、要注意です。現代は高齢化社会になっているため、認知症に罹る人が増加しています。軽度認知障害は放置をしておくと、認知症を発症する原因になるので、早めに治療を始めることが大事です。現代は優れた医薬品も開発されているので、必要がある場合は処方をしてくれます。軽度認知障害は決して珍しい病気ではなく、誰でも罹る可能性があります。若い頃に比べると、意欲や気力が減退していたり、ぼんやりしている時間が長くなったら、早めに受診をしましょう。

広告募集中